ひょうきん3種の神器、完成。


3種の神器1

こちらのブログでも何回かご紹介してきた、ひょうきんちゃん。
そのひょうきん100%の加工品3種が完成しました~ヾ(≧▽≦)ノ
ハンバーグ、キーマカレー、ローストビーフです。

ひょうきんちゃん。
ゆうちゃんの作文『いのち』
ひょうきんのお肉。

最初、枝肉に向き合ったときに悩んだだけに、
シンプルに手を加えてもらっただけで、
ひょうきんがこんな素敵な姿になってくれて、
しかもすごい美味しくて、本当に嬉しいのです。
この3種類の写真を撮りながら、思わず「なんか可愛い♡」
って言葉が出てしまうのって、きっとなかなか理解できないかと思います。笑

お肉の一部は、ありがたくご縁のある皆さんに扱っていただいて、
もう残ってるお肉も少ないのでローストビーフ10個とか、
冷凍カレーも5kgから作ってくれるとか、
こんなに理解ある加工業者さんがいるとは思わなかったです。
女の一念、岩をも通す?笑

『この子の命をなんとか最後まで生かしたい』

その気持ちだけは誰にも負けないけど、
自分一人じゃなんにもできないので、
本当にそれぞれご協力頂いた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、すべてに共通するのが、ひょうきんのお肉の味を生かしたいので、
あんまり余計なものを入れないで欲しいという要望に応えてもらった作り方。
ロットが少ないくせに、試作をお願いしたり、しっかり要望はして、
我ながらなんて我が儘なんでしょう。笑

まずは、ハンバーグ。
ハンバーグ完成

こちらは前回と同じく、塩、砂糖、醤油、胡椒で軽く味付け。
スジも残して中挽きで仕上げました。
今回はバラに脂がなかったので、切落しは入れずに
挽き肉のみで作りました。
これは自分も一緒に作りに行って、1個120gで88個できました。

ハンバーグ1

ハンバーグ2

そして、ローストビーフ。
ローストビーフ完成1

見てください、このシンプルなラベル。
ローストビーフラベル

頑固なスジさえ取り除けば、ひょうきんのお肉はクセのない素直な赤身で
しっとり、美味しく仕上げて頂きました。
ローストビーフ

こちらは逆に自分たちにも新たな価値に気づかさせてくれました。
ひょうきんに感謝。

ちなみに、こちらは94g~334g(100g後半がメイン)のサイズのものが
13個できました。トータル2.3㎏。超希少・・・。
というより、これだけの数量を受注してくれたことに感謝。

それと、一押しキーマカレー。
キーマカレー完成1

キーマカレー1

キーマカレー2

「レトルトより、冷凍のほうが味は美味しいよ」って聞いて、
じゃあ冷凍で。
一般的には流通や管理の関係でレトルトを選択せざるを得ないことが
あるようですが、それは考えなくて良いからこそできる選択。
なにより、ハンバーグもローストビーフも冷凍だし。

そして、すごいのが、お肉の量。
仕上り220gのカレーに「120gのお肉入れてくださいっ」
っていうのは通常の倍近く、ずいぶん常識外れらしいですが、
そのくらい、ひょうきんが主役のカレーにしたかったです。
お肉が多い分、味の仕上げに苦労してくれたらしいですが、
めっちゃ美味しいです。
「あ、キーマカレーというより…、カレー味のお肉だね!」
という結論。笑

私、試食と言いつつ、すでに3パック食べちゃいました。
もはや試食じゃなくて、実食です。。。

こちらも使っているものはこんなにシンプル。
IMG_9583

こちらは、1P220gが44パックできました。

『この子がどうしたら一番生きるか?』

そう向き合わせてもらったおかげで、
たくさん私の方が勉強させて頂きました。

そして、段取りを進めていく中で沸いてきた気持ちは、
いろんな個性のお肉の生かし方の可能性が
各産地に広がればいいなぁということ。
これで表面に「ジャージー○○キーマカレー」とかシールを作って貼れば、
その気になれば、立派に産直とかで売れる一品になると思うのです。
どこでも買えるものじゃなくて、ちゃんと個性が出ているし。
なにより美味しいし。
そして、こんなにどっさりお肉を使っても手の届かない単価にならない。
もしご興味ある方いらっしゃれば、信頼できる方であれば
業者さんもご紹介するので、ご連絡くださいませ。

今回のひょうきん3種の神器は13年間一緒に暮らしていた三谷さんに
一部お届けさせて頂きますが(ひょうきん凱旋帰国です。笑)
あとは一般販売いたします。

ご興味ある方いらっしゃいましたら、お問合せからか、
直接メッセージでご連絡ください。
それぞれの単価など詳細情報お送りします。

どうぞよろしくお願いいたします。