東海大学あか牛枝肉が東京に来ました。


井さんのジャージー君と一緒に東京に来たのが、
東海大学の2シーズン放牧のあか牛君(29.4カ月齢)です。

こちらは、382.8㎏で、格付けはA2でした。

井さんのジャージーは今週火曜に、
2週間程度の吊るしで、すでに骨抜き済ですが、
こちらは肉牛らしいしっかりした枝肉だったので、
もう少し長く吊るして、3週間程度で来週骨抜き予定です。

脂質や体形など、対照的な2頭でした。

ロース芯
img_9860

バラ
img_9861

断面
img_9864

モモ
img_9869

体型
img_9870

さすが肉牛らしく、全体的にしっかりしています。
歩留まりはジャージーより、良さそうです。
粗飼料多給で育っている割には脂がクリーム色じゃないことが
意外でした。

と畜前日に東海大学の服部先生から
「草原あか牛 eco-beef 644kg
本日元気に出荷致しました。」
というメッセージとともに画像が送られてきました。
img_9708

img_9712

img_9707

img_9711

あれだけ恵まれた環境で、
先生や学生さんたちにたっぷり愛されて育った子。
あのとてつもない、人懐っこさが目に浮かびます。
受け取ったバトン、大切に繋いでいきたいと思います。

東海大学の熊本あか牛に会いに。

ちなみに、井さんジャージーもですが、
こちらのあか牛も骨抜き前に少し、試食しました。
美味しかった!
タイプは違うものの、はっきりとそれぞれの良さが出ています。
あとはお届けたした先での評価を聞くのみですが、
これなら自信を持ってお届けできる、と思いました。

ずっとバタバタで待って頂いている方々に
ご案内ができていませんでしたが、
明日、明後日で改めてご連絡いたします。