ななちゃんのこと。


ここのところ、忙しさにかまけて、ブログ更新を怠ってました。

発信するべきことはたくさんあるのですが、
なんとなくブログに向かう気持ちにならなかったので、
「やりたくないときは無理しないのが長く続くコツ。」
と自分に優しくしてきました。

でも、そんな中でも、
「あーこれだけは後々の自分のためにも記録しておかないと」
ってふと思ったことがあったので、残しておきます。

ジャージー経産ななちゃんのことです。
岩手・奥中山の三谷牧場の初代牛として13歳まで暮らし、
いよいよ、搾りとしての役割を終えるというタイミングで、
雫石の中屋敷さんが引き取り、約7ヶ月間再肥育した子です。

img_9753

img_9714

大食いななちゃんとして、三谷牧場さんのブログでも紹介されていますが、
ななちゃん
中屋敷さんちに来てからも食べ過ぎて、一回体調崩していました。
どうやら、自分の欲望に素直な子みたいです。

今まで自分が扱った、ジャージー経産は5歳の若い子を半年再肥育した子、
13歳で足が悪くて再肥育できなかったひょうきん、の2頭です。

ジャージー経産牛の、
出来上がっている市場での評価を取り除いて、
先入観なしのまっさらな目で、良い生を過ごしてきた牛の
お肉に向き合ってみたいと始めた取り組みです。

でも、ひょうきんのときもたくさん悩んだ通り、
本当にまだ未熟な自分がチャレンジして良いことなのだろうか、
っていつもいつも、たくさん悩みながらです。

それでも、生産者さん、加工・流通業者さん、料理人さん、
ありがたいことに、この方々の協力のもとで、
結果的には、想定以上に今までの価値観をひっくり返す、
良い評価を頂けることができました。

普通に考えたら、13歳の乳牛の経産牛、
全身のお肉が挽き肉になってもおかしくないです。
市場に上場したので、もし市場だったらどのくらいの単価が
つけられるお肉かも、改めて見ることができました。

そして、実際の枝肉内容はこんな感じでした。

ロース芯
img_0258

img_0260

バラ
img_0268

モモ
img_0262

やっぱり、ジャージーは結構サシが入るなぁと思います。
枝肉重量237㎏。
隣で再肥育していた黒毛の経産牛は、同じ背丈ながら
+100㎏くらいあったので、やはりジャージーは食べてるように見えても、
厚みが出ないんだねと、中屋敷さんと話していました。
でも、私たちの再肥育の目的は重量よりの肉質、脂ノリの変化なので、
その意味ではこの半年の意味合いは枝肉見るだけでも大きいと大満足でした。
前回、再肥育なしのひょうきんに一度向き合ってるから
なおさら、その価値を実感します。

13年間、夏には放牧されながら、草たっぷり食べて生きてきているからか、
小さいのにピンピンしていて、割と元気な枝肉に感じられたので、
肩・バラは2週間、モモ・ロースは3週間枝肉で寝かしてから骨抜きしました。

サーロイン
img_0516

ウチモモ
img_0521

ランイチ
img_0528

そして、一部はステーキカットして、
三谷さん、中屋敷さんにもお送りしました。

img_0591-%ef%bc%88%e7%b7%a8%e9%9b%86%e6%b8%88%e3%81%bf%ef%bc%89

あと、こちらはウデサンカクです。
img_0601-%ef%bc%88%e7%b7%a8%e9%9b%86%e6%b8%88%e3%81%bf%ef%bc%89

とても綺麗なお肉だなぁと惚れ惚れします。
そうなんだ、ちゃんと丁寧に手をかけてあげれば、
価値はいくらでも引き出してあげることができるんだと思いました。

そして、すべてのお肉のお届けが完了して、それぞれから戻ってきた声。

とあるシェフから。
>〇〇シェフに三谷さんジャージーのランプ食べてもらったんですが、 
 メチャメチャ美味しいって言ってましたよ!

たぶん、お忙しい中、それだけを伝えようとしてくれた短いメッセージ。
嬉しいなぁ。

焼肉屋さんから。
>最近来店のママグループさんから、盛り合わせに入ってた「ジャージー牛」のブリスケが
 とーっても美味しかったので追加したい!という感想をいただいた!というレポートを聞いて感激!
 13歳の経産ジャージーママです!13歳ママジャージー、噂通り驚きの美味しさ!

いつも思うのですが、背景を知っていたり、思い入れがある自分が
美味しいって言っても説得力がないと思っています。
なんてったって、もう関わった時点で愛情がこもっちゃっているので
美味しくないわけがありません。笑
なので、このくらい客観的な一般のお客様の美味しい!っていう声は
本当にありがたいことです。

また、個人買いしてくれた友人から。
>すごく好評でした。
 特に肉マニアの小6の男の子は
 『うまい!』って大喜びでした。
 その後は牛にも興味あるみたいで、
 こんな牛さんだったんだよ。って説明しました。
 興味深々で聞いてくれ、ワタクシもお肉を用意した甲斐がありました。

あー良かったぁと。

そして、三谷さんから。
>昨晩は子供達も
「美味しい~!こんなに美味しいお肉初めてだよね!」って
 言いつつ「・・もう、なな死んじゃったの?」と言ってきました。
 ななを絶賛してもいました。
 いろんな場所で、気持ちを沢山載せて
 ななが最後まで皆に喜ばれる牛になってくれて幸せです。

中屋敷さんからも大人も子供たちもすごい美味しい!って
期待以上の味にビックリしながら喜んで食べたよ!っていう連絡をもらって、
やっぱり、子供って正直だから、その言葉に嘘はないだろうなぁと
思うので、嬉しいです。

あー、関わらせてもらって良かったなぁと思える瞬間でした。
ななちゃんは間違いなく、再肥育で価値がグッと上がったと思います。
協力してくれた皆さま、本当にありがとうございました。

そんな中、また次の子の再肥育もスタートしたとのこと。
今月、雫石に行ったときに会ってこようと思います。

また半年後のチャレンジに向けて。楽しみです。