5歳の誕生日但馬牛。


雫石を出発して、水沢に向かったのは、
佐々木譲さんちにいる経産但馬牛に会うため。

IMG_1510

4年前に但馬牛を導入し始めた頃から良くお話は耳にしていて、
この子は、そのとき最初に淡路の市場で導入したうちの1頭とのこと。

本当はすべて肥育しようと思って導入したのだけど、
来てすぐマイコプラズマにかかって、
その中でも、三途の川を渡りかけたこの子は
肥育するのはかわいそうということで、お母さん牛にしたとのこと。

無事にメスを1頭産んでくれたけど、お母さんとしてもあまり強くなくて、
その後、二産目があまり順調じゃなかった後に再肥育し始めたそう。

その話はずいぶん前に芝浦で会ったときに聞いていました。
もう再肥育し始めてから1年以上にもなるそうです。

最初、買ってきたときに、雌の名人であるお父さんが
「一番、但馬らしい但馬牛だ!」って言ったらしく。

去年末頃にそろそろと畜しようとしたら、そのお父さんが、
「まだ餌食うのにかわいそうだ。」
って止めたらしい話もうちのボスから聞きました。笑

それは、みんな興味津々だよね!
と、食べてみたいあまりに向き合わせてもらうことに。

そして、扱わせていただくからには生きている間に一度会いたい、と
今回、水沢に寄らせてもらいました。

IMG_1503

IMG_1507

IMG_1508

IMG_1510

それぞれのいろんな想いが詰まっているのだろうし、
良い形で、この子の牛生を終わらせてあげられたらなぁと思います。

そして、新幹線に乗った帰り道。
(ざっくりは聞いていたけど)実際は何歳かなぁって
早速、10桁叩いてみたら、なんとその訪問した1月22日が
ちょうど彼女の5歳の誕生日でした!

いや、これ運命でしょ~って勝手に一人で嬉しくなって、ニヤけてました。
あー分かっていれば、なにか誕生日プレゼント持って行ってあげたのに。
それだけが悔やまれる。

2月後半に枝肉に向き合わせてもらう予定です。