【入荷情報】國分牧場ジャージー×エアシャー26.7カ月齢


埼玉県東松山にある、國分牧場の國分さんとは、
1年ちょっと前に、ある食事会で初めてお会いしました。

愛知県のエコフィードの餌やさんである高橋さんが
個性的な(?)生産者さんと色々繋がりあって、
私が北十勝ファーム短角牛の内臓1頭分お届けしたので、
食べにいきましょう~って神楽坂でお食事するときに
國分さんも誘って頂き、ご一緒させて頂きました。

國分牧場さんは、基本的にはホルスタイン去勢の肥育をされていて、
国産若牛として、メインは生協に販売されています。
モネンシンフリーの配合飼料と、コエドビールのビール粕の給餌が
國分牧場さんの特徴です。

そんな中、ご自身でも6年近く前からご自宅横で直売所をやられていて、
現在、月1頭くらいのペースで牛肉販売されているとのことで、
ホルスタイン以外の希少な乳用種も導入して肥育されています。

ジャージー、ジャージー×エアシャー、ブラウンスイス、ガンジーなどなど。

IMG_2320
ジャージー君。
この子は埼玉県の動物公園から来た子とのこと。

IMG_2323
ジャージー君。
この子は千葉県のマザー牧場生まれ。

IMG_2325

IMG_2338
ガンジー君。
この子も千葉からとのこと。

思い返してみれば、去年、最初にお会いした後すぐ、
『八王子の磯沼牧場さんのところからこんな子たちを導入したので、
出荷は1年後くらいになりますが、ジャージー×エアシャーは2頭いるので、
もしご興味あればぜひどうぞ~』ってご連絡頂いていました。

クラフトビーフ第2章

ジャージー×エアシャーってどんな味になるんだろうってその時は
想像つかずに、現実的に考えるところまでは至っていませんでした。
ジャージーはともかく、エアシャーの味のイメージがまったくつかず。笑

その後、今年の3月に國分牧場さんを初めて訪問する機会があり、
その時に集まった皆さんで、初めてお肉になっていた
1頭目のジャージー×エアシャーのお肉を試食させて頂きました。

IMG_2317

IMG_2318

この希少種の生みの親の磯沼さんもいらっしゃっていたのですが、
お世辞抜きに、その場の皆が絶賛する美味しいお肉でした。
母なるジャージーの味の良さはしっかり引き継いで、
父なるエアシャーの増体能力をしっかり引き継いで(←おそらく)
それぞれの長所が良く出たお肉だったかと思います。
ちゃんと赤身の味があり、そして脂質はサラリ、いくらでも食べたくなるお肉でした。

これは面白いなぁと思いつつも、今までの岩手、熊本の牛たちに加えて、
どこまで自分が販売まで含めて、ちゃんと手をかけられるかと思うと、
すぐに「ぜひ扱わせてくださいっ!」と簡単に手を挙げられない部分もありました。

が、その後、元々、井さんのお肉をお届けしていた石神井公園にある、
ピッツェリアのフィリッポさんにお邪魔した時、
「姉さん(荻澤)がFBにアップしてたあのお肉興味あるんですけど、買えますか?」
ってふと言われて、「お、興味あります?!なら、一肌脱ぎましょうか?」
となり、トントン拍子に話が進み、
地元のスーパーさんや、食材卸さんまで巻き込み、
今回、半頭+内臓1頭分、扱わせて頂くことになりました。笑
人の熱意が動かすエネルギーってすごいや、というのを強く実感。
やっぱりすべては人の繋がりです。感謝。

石神井公園から車で30-40分、皆で牧場にもお邪魔しました。
IMG_3864

この子たちはあと残りの2頭、ジャージー君(左)とブラウンスイス君(右)です。
IMG_3855

IMG_3858

そして、この子が、今回お肉になってくれたジャージー×エアシャー君です。
IMG_3850

IMG_3859
國分牧場さんとしては長い26.7カ月齢。(通常のホルスは20カ月齢前後)

14カ月齢くらいで、磯沼さんのところからやってきて、
國分牧場さんで約13カ月の肥育で、出荷時の生体重926㎏です。
すごっ。
(あ、なので、この子はギリギリ東京産になります。笑)

枝肉検品に和光のと畜場に向かう道すがら、
國分牧場さんの肥育技術もさることながら、
きっと、仔牛の頃に磯沼さんのところで、
好きなだけ草食べて、のびのび育ってたのも良いんだろうね、
ってみんなで話してました。
それぞれ持ち味を生かしたベストな状態で、バトンを渡している気がします。

枝重量521.5㎏、実際の枝肉内容はこんな感じでした。
IMG_3973

IMG_3985

IMG_3971

IMG_3986

>IMG_4010

IMG_4013

思った以上のウチモモのサシと、
重量の割には引きが長くなくて、ギュッと詰まった牛。
脂もカサカサしてなくて指で触るとサラッと溶けてだしていく良い脂質。
そして、腹中の内ノリのキレイさが、この子がスクスク順調に食べて育ってきたことを表しています。
全体的にキレイな枝肉だなぁという印象です。

その場にいた方々も一同、
「おー良い牛だ~!美味しそうだね。」と大絶賛。
こんなに褒められたらますます美味しくなってくれそうです。

その後、内臓と枝の移動に合わせて、
私も車と電車とトラックを乗り継ぎ、千葉まで移動( ̄▽ ̄)

IMG_3995

IMG_3994

IMG_3998

内臓のラベルにも「国分」って名前が書かれてます。笑

内臓はその場ですぐ振り分け、出荷手配をお願いして、
枝はいつも通り、少し休んでもらっています。
この子は7月7日と畜なので、骨抜きは来週くらいの予定です。

初めてのことはいつもワクワクします。
良い形でご縁が繋がっていきますように。