【入荷情報】井さんジャージー未経産メス38.1カ月齢


最近のジャージーはやっぱり、相変わらずバタバタで。笑

今回は、熊本で、と畜の段取りをお願いしている会社の担当の方から、
と畜直前に連絡が入って、
「荻澤さん、今回の井さんのジャージー、表示どうしましょう?
 経産でいいですか?」
とのこと。
「いやいや、井さんのジャージーは未経産なので、雌でお願いします。」
って伝えたところ、
「でも、今回のジャージーの10桁叩いたら、82カ月なんですけど・・・。」
と。
一瞬、その数字に、頭がついていかなくて、
ん?82カ月??何歳??と思って、考えてみれば、
ほぼ7歳!!!
「えーーー!ですねー、
 確かにその歳まで酪農家さんで飼っていて産んでない・・・
 わけないですよね。。ちょっと井さんに確認します!」

早速、井さんに連絡して
「82カ月らしいけど本当に未経産ですか?」って聞いたら、
「産んでいない子だけを私は買わせてもらっているので、
 今回の子も産んでないです。そんな嘘つく人じゃないけん。
 でも、念のため、確認してみます!」と。
その後、
「やっぱり、間違いなく、未経産でしたー!ひゃっひゃっひゃっ」
と楽しげに。笑

『なんで、搾れないのに、6歳越えるまで飼ってたんだろう?
そんなことがあり得るんだろうか??
そして、そのお肉は一体、どんななんだろう???』
私も思わずニヤニヤしながら、
一晩、いろんなことを想像しながら過ごしました。

そして、翌日。
「荻澤さん!!ごめんなさいーーーー!!!!」
と、また、そのと畜担当の方から。
実は受精証明書をみて、間違って、
今回の子のお母さん牛の10桁を入力していた、と。
だから、私たちが画面上で見ていた82カ月の子は、
今回お肉になる子をしっかり産んで
まだまだ牧場で搾乳牛として大活躍しているわけでした。笑

「そりゃ、そうだよね~笑」
ってなる話なのですが。
今回の子は、結局、38.1カ月齢でした。
31カ月齢くらいで、井さんのところにやってきて、
井さんのところで、約7ヶ月間の再肥育。

本当、ジャージーたち、毎回いろいろお騒がせしてくれます。
あ、でも、今回もそれぞれの段階でもう少しちゃんと確認すれば
こんなことにならなかったので、
これもまた私の確認が甘いせいだな・・・すみません(^^;

そして、今回の子は年末くらいから、
井さんと電話で話すたび、しきりに
「丸っこくなってきて、毛ヅヤもよくなってきて、
 これは美味しそうですー!!」
「今度の子は、間違いなく、私の育てた味になってます!」
と、嬉しそうに話されるので、
聞いてる私も嬉しくなってきて、楽しみでしょうがなかった子でした。

そして、今日、実際にやってきた子は枝重量303㎏。
当初の目標だった300㎏を越えました!

井さんの次なるチャレンジ。

ロース芯
IMG_2425

バラ
IMG_2427

モモ
IMG_2438

切断面
IMG_2434

IMG_2442

やっぱり、井さんが
「今までで一番美味しいと思います!期待しててくださいー!」
って何度も言ってただけあって
前回、去年11月に出荷した5か月間の再肥育だった未経産の子から比べて
枝重量としては20㎏UPしたくらいですが、
肉周りもしっかりしていて、肉質が全然変わってきています。
これは楽しみだ~。

いつもの通り、肩とバラは先に来週後半あたりに骨抜きして、
モモとロースは3月半ばくらいまで休ませてから
骨抜きしようと思います。

来週からご案内していきます。