【入荷情報】國分牧場ブラウンスイス27.6カ月齢(東京産♂)


國分さんちのブラウン君が先週と畜されて、昨日やってきました。
1月1日の元旦生まれ。
なんて、めでたい!

29315231_1321198038014749_3651895887312977920_n

29261729_1321197914681428_9183494399382781952_n

この子の最終肥育地は
埼玉の東松山市の國分さんちなのだけど、
東京の八王子産になります。笑

この子に最初会ったのは、八王子の磯沼さんちから
やって来たばっかりの去年の10月でした。

IMG_0325

やってきたばかりっていうのに、明らかに3頭の中でこの子だけ、
サイズ感が違くて。笑
「え、この子も先月来た子ですか?!」
って思わず、國分さんに聞いちゃいました。

「はい、そうです。
 間違いなく、この子は東京産になりますね。笑」
って。

それもそのはず、他の子たちは1歳くらいで来ている中、
この子は八王子の磯沼牧場さんのところで、
20カ月齢まで育てられてからやってきた子でした。
はい、希少牛にはそんなパターンもあるんです。笑
その後、7カ月間くらいかけて、國分牧場さんで仕上げてもらいました。

7ヶ月間で國分牧場さんの味に育っていると思うのだけど、
何より、20カ月齢まで育っていた磯沼さんちでの育ちも
もちろん、大きく影響しているはず。

そんな磯沼牧場さんには、去年の12月に初めて
お邪魔してきました。

かわいい幼稚園児たち。
IMG_1222

小中学生の群。いろんな色がいます。笑
IMG_1227

母牛たち。もちろん、いろんな色がいます。笑
IMG_1217

八王子の町を見下ろす男の子たち。
IMG_1242

エアシャーの種牛君と磯沼さんの触れ合い。
IMG_1239

羊もいたり、すぐ隣には大学のサッカーコートがあったり。
IMG_1245

とりあえず、人が来ると、みんな寄ってきます。笑
IMG_1246

ガンジー牛のミウちゃん。
IMG_1233

と、こんな環境で、楽しくて楽しくて仕方がなくて、
磯沼さんに案内してもらいながら、
終始興奮しっぱなしでした。

そして、いつものことながら、こんな写真たちを
引っ張り出している今も一人で
「かわいい~( *´艸`)」ってニヤニヤしながら
楽しくなってきちゃうわけです。

今回のブラウン君も同じように、20カ月齢まで
ビール粕やフルーツ粕など、地域のエコフィードたちを食べて、
のびのび、愛されながら育てられたのがたぶん、影響していて。

その後、國分さんちに来てからも含めて、
とっても、幸せに育ったことが伝わってくる枝肉でした。
無理や、ストレスがない枝肉です。

ロース芯
IMG_3722

バラ
IMG_3725

切断面
IMG_3726

モモ
IMG_3733

IMG_3747

ロース芯もきれいな形で大きくて、
バラの肉付き・サシの入り方もきれい。
そして、必要以上の筋間脂肪や皮下脂肪もついてなくて。
いい子です。
そして、そういう子はきっと美味しい。笑

その理屈は分からないけど、
扱われる料理人さんたちもそれぞれの牧場を訪ねてくれたり、
この子が暮らした2つの牧場でお世話してくれた方々や、
バトンを受け取る私ももちろん、
関わるすべての人たちの愛がこれだけ溢れてるから、
この子自身の持てる魅力を最大限、発揮してくれるだろうな、
って、なんとなく思います。

こちらは、来週からご案内させていただいて、
ゴールデンウィーク明けのお届け予定です。