【入荷情報】井信行さんあか牛♂27.3カ月齢


今年1頭目の井信行さんのあか牛が、
先週と畜されて、やってきましたー!

IMG_0571

もうね、この信行さんの笑顔のように、ムフフな枝肉です。

今回の子は、自家産の男の子で、27.3カ月齢。

「立派な感じに育ちましたー!立派すぎるくらいですー!!」

って、信行さんが話されていた通り、
まるで、きれいな赤身肉の見本のような内容です。

本当にきれいなコザシで、筋間脂肪の薄さ、肉周りの良さといい、
「なんで、こんなきれいな枝肉になるんだろう?!」
って、思わず感嘆しちゃって、一人枝肉に向き合いながら、
ニヤニヤ、ぶつぶつ呟いてました。

粗飼料多給という餌や環境の要因はもちろん大きいのだろうけど、
昨年末にお会いした時、

「こういう風に皆さんと繋がれるのも牛たちのおかげだから、
 私、牛舎に入るときに、『ありがとうございます』って
 こうやって手を合わせて、挨拶するようにしているんです」

って、話されていたことを思い出して、
やっぱり、ちゃんと牛たちに伝わってるんだろうなぁって感じました。

牛に向き合えば向き合うほど、謎が深まって分からなくなることも多いけど、
でも、今、目の前に出ている結果には、ちゃんとすべてに理由があるんだな、
って生産者さんたちと話していると思います。

本当、信行さんの枝には信行さんの考えがちゃんと表れています。
特に今回の子は、自家産だったので、生まれたところから
すべてが繋がって、ちゃんと伝わっているのもあるかもしれません。

そんな肝心の枝肉。

ロース芯。
IMG_1667

バラ
IMG_1669

脂質
IMG_1680

モモ
IMG_1690

切断面
IMG_1671  

IMG_1674

いや~美しい!!!
惚れ惚れします。

ちゃんと伝えたら、ますます美味しくなってくれるかなと思って、
「本当、あなたキレイだねぇ」って伝えておきました。笑

ちなみに、こちらで枝重量は469㎏です。
いろんな意味で、良い子。

こちらはこれからご案内して、2月中旬くらいに加工予定です。