【入荷情報】井信行さんあか牛♂30.3カ月齢


中屋敷さんジャー黒に続いて、やってきたのは
先週と畜された、井信行さんのあか牛♂30.3カ月齢です。

「今回の子は10月生まれだから、30カ月齢くらいになるけど、
 ちょっと小さめの去勢ですー!」
って、信行さんから事前に聞いていました。

いつも、枝肉の数日前に届く格付け表を見たら
その言葉通り、重量は去勢にしては小さめの407kg、
格付けは安定の『A2』でした。

GWの合間、平成最後の日に枝が届いたので、
会いに行ってきました。

ロース芯
IMG_3720

バラ
IMG_3722

モモ
IMG_3726

脂質
IMG_3729

切断面
IMG_3723

脂や枝全体の雰囲気はいつもの信行さんらしいのものですが、
格付けから想像していたより、サシがありました。

信行さんのあか牛、昨年の末頃『A3』になった1頭がいましたが、
また今回も、信行さんと話していたら、
「サシが入るのは、もう、その牛の個性じゃ」
とのことでした。
「いつもと変わらず、粗飼料主体で、草めいっぱい食わして育ててるから」と。

あか牛も少しずつ、改良されてきているだろうし、
長い目で見ていったら、同じ育て方でも、
仕上がる内容はだんだん変わってくるんだろうなぁ。
私なんて、まだたった3年のお付き合いなので、
そのほんの一瞬を覗かせてもらっているだけで。

よりお付き合いの長い短角牛も含めて、地方特定品種たちが、
それぞれの地域の畜産と、仕上がったお肉のニーズ両面で
未来あるような方向に向かっていくことを期待するのみです。

その後、この子はまた皆さまの手を借りて、
しばらく枝で休ませてもらうところまで運ばれていきました。

IMG_3733

いつも目にしている、肥育・加工・調理の合間の、
こういった、ふとした一場面でも、たくさんの方々のお蔭さまで、
成り立っていることを改めて実感します。

『枝で運ぶ』
言葉でいうのは簡単だけど、こういった方々の協力のお蔭で、
大切な子たちを、できる限り自分が求める状態で、
お届けすることができています。感謝。

この子も5月半ばくらいの加工予定です。

そして、個人的にはこの子のお肉を携えて、
今月後半に、信行さんのいる阿蘇・産山まで
久しぶりに会いに行けるのが楽しみです!