井信行さんに会いに阿蘇・産山村へ。


先週の日曜日、井信行さんに会いに熊本県阿蘇郡の産山村を訪問しました。

信行さんが毎年7月、辻静雄食文化賞の授賞式で上京するタイミングで
いつも信行牛を扱ってくださっている料理人さんたちのところに
信行さんをお連れして、ご紹介してきました。

その方々からの
「産山村に信行さんに会いに行きたい!」
っていう気持ちの圧が年々増してきていたのと、
また、信行さんがいつも話す、
「村が大好きだから、村や草原、水源を維持するためには、
草で育てる美味しいあか牛が必要」
という言葉は村に実際に行かないと感じられないだろうと思って、
今回、シェフたちからの熱望で、計画を立てさせていただきました。
東京・京都から総勢20名。

IMG_4455

当日は生憎のお天気でしたが、
産山村の方々の企画段階からのご協力のお蔭様で、
それを上回るものがあって、皆さん、
それぞれに何かを感じて帰って頂けたようで良かったです。
そして、そこからまた、産山村、信行さん、東京・京都のシェフたちが
お互いに刺激を受けて、自然と次への動きに繋がっているのを感じます。

信行さんの「『ありがとう』があれば、生きていける」って言葉、凄かったな。

とても良い時間だったので、ひとまず、写真だけ記録しておきます。

まずは到着後、うぶやまキュッフェさんでランチ。

IMG_4367

IMG_4370

いのしし。
IMG_4373

キュッフェさんの前で撮った集合写真がこちら。
IMG_4455

全国棚田百選に選ばれている、扇棚田。
IMG_4376

池山水源。
そりゃ、美味しいお米も牛も育つわけだ。
IMG_4395

やっと、あか牛発見!!
(あまりの強風に牛たちはみんな谷に降りちゃってて、なかなか会えませんでした。)
IMG_4393

そして、信行さんの牛舎へ。牛たちがとっても穏やか。
IMG_4406

信行牛の味わいのポイントになっている、
国産大豆を炒って擦った、きな粉みたいな餌。
IMG_4411

とっても綺麗な牛舎でした。
IMG_4414

大好きなジャージーたちも3頭います。
IMG_4412

その後、息子さんである雅信さんの繁殖牛舎の牧野へ。
PVの撮影並みの強風・・・。
IMG_4423

IMG_4439

でも、牛たちが見えるところにいてくれて良かった!
IMG_4437

そして、御湯船温泉での、夜の懇親会、二次会へと続いて、
肉談義、牛談義のなか、産山の夜は更けていきました。

翌日は、北村シェフのご紹介で、南阿蘇の村上養魚場へ。
IMG_4451

やまめの塩焼き、最高に美味しかった!
IMG_4453

最後の最後で晴れる!
(雨男、雨女はいったい誰だ?笑)
IMG_4449

そして、東京に戻った2日後、産山村から嬉しい便りが届きました。

「本日の草原」
IMG_0018

IMG_0019

IMG_0020

くー!羨ましい~この景色を見に、絶対にリベンジします!!!

そして、このシェフたち訪問の日、
地元の新聞、熊本日日新聞さんの記者さんが
一日一緒に回って、記事にしてくれて
23日の朝刊に、信行さんの素敵な笑顔とともに掲載されたようです。

61273751_454640622004454_7014037337919193088_n2

良かった、良かった。
信行さんの想いが、次々へと伝播して、
なにかエネルギーが生まれ出しているような感覚があります。

信行さん、また近々、会えるの楽しみにしてますね。
IMG_4390

産山村の皆さま、ご一緒してくださった皆さま、
貴重な時間を本当にありがとうございました!!