【入荷情報】井信行さんあか牛♂30.2カ月齢(自家産)


なんとなく、風や雲に秋を感じるようになった9月、
まずやってきたのは、井信行さんのあか牛です。

IMG_4406

今回は自家産の男の子。
しっかり飼い込んで、30.2カ月齢です。

自家産って聞くと、なんとなくホッとするのは、
信行さんの牛舎に来る前の、生まれてから幼少期を過ごした場所や環境を
自分たちも実際に行って、知ってるからかと。
牛舎の裏にある牧野での、放牧を組み合わせた育成期を過ごしています。

IMG_4439

IMG_2543

IMG_2547

子どもの頃を過ごすにはとても良い環境ですね。
私も、もし子どもを産んだら、こういうところで子育てしたいなって思います。

牛自身も、面倒をみてくれる人が、
息子さん(雅信さん)からお父さん(信行さん)に
バトンタッチされる形だから、きっと安心感あるだろうなぁと。
お母さんたち含めて、食べてる餌も共通してるし。
(文脈の中でちょいちょい、牛と人がごっちゃになってます。笑)

良い環境で、スクスク育ってくれて、
枝重量も486kgと立派になってくれました。

ロース芯
IMG_6833

バラ
IMG_6837

モモ
IMG_6853

脂質
IMG_6859

切断面
IMG_6839

IMG_686602

相変わらず、コザシ加減がきれいなサシのバランスは
ちょうど、多いときと少ないときの中間くらいで程よい感じ。
脂は安定のクリーム色でしっとり。
そして、皮下脂肪が多少つくことはあっても、
筋間脂肪は常に薄く。
幼少期の牧野での運動のおかげもあってか、
ロース芯の大きさもしっかりしているので、
肉量しっかり取れそうです。

井さんの考え方がちゃんと枝肉に表れてるなぁと思います。

こちらは9月10日過ぎくらいに加工、お届け予定です。

ちなみに、この子の内臓は1頭分まるっとすべて、
神楽坂しゅうごさんにすでにお届けしているので、
そちらで食べられます。

また、今年5月にずっと熱望されていた、
東京や京都の料理人さんたち20名で、
熊本県阿蘇の産山村まで、信行さんに会いにいきました。
井信行さんに会いに阿蘇・産山村へ。

今度はそんな料理人さんたちの気持ちが
産山村の地元の方々に伝播して、今月9月29日(日)に
信行さんを囲むこんなイベントを企画してくださいました。

井信行さんのお話会@ファームビレッジ産山
67924549_2806391266098499_7565859194285326336_n

『お話会』っていうのが、なんか井さんらしく、温かくていいな。
私ももちろんお邪魔します!
たくさん人が来てくださったほうが井さんも喜ぶと思うので、
ご興味ある方いらっしゃったら、ぜひご連絡ください。