但馬牛のトックリ骨抜き講習会。


会社設立の準備などで、まったく余裕がなくて
前のblogページから含めて、7月あたりからほとんどアップできなかったのですが、
そろそろ本来の自分に戻って、ボチボチ再開しようと思います~!

9月29日、京都中勢以・加藤社長の但馬牛の骨抜き講習会に参加させて
頂いてきました。

IMG_4692

IMG_4693

IMG_4699

約50名のシェフの方々が集まる中、
加藤社長が60日間熟成の骨付きモモから骨を抜いて、
モモ各パーツをさらに、小分けしながら、
丁寧にどんな運動をしている筋肉なのか、解説つきで。

そして、その小分けしたお肉を銀座レカン 高良シェフが焼き上げ、
シェ・イノ 古賀シェフがカットして、順次試食していくという、
食材も、関わる方々もなんとも贅沢な会でした。

そして、その後はカットして、残ったお肉の即売会。
(その元の単価を知っている立場からすれば、なんとも安過ぎる単価で・・・。)

以前から、こんな会をしようと思うっていうお話をお聞きしていたので、
このような形で実現できたことが、勝手に嬉しく思います。

できることなら、カットしている台の目の前にかぶりついて
手元を直接見ながら、私がいろいろ聞きたいくらいでした~笑

真空した状態で、小分けしたお肉が届くことが多くなった今だからこそ、
元々のお肉の状態をシェフの方々に知ってもらいたいという加藤社長の想いが
よく伝わってくる会でした。

次に繋がっていくのが楽しみです。
次回は「ウデ」の分割でしょうか。

そして、だんだんお肉の大元の姿が見えてきたら、
最後はやっぱり調理してくれる方々に、生の牛さんたちに
会いに来てもらいたいなぁと思います。

そして、私にとっては、この日にご紹介いただいた、
こちらの本との出会いもとてもありがたいもので。
IMG_4774

私が生まれるより前の42年前に書かれた「牛肉の本」です。

IMG_4751

IMG_4754

IMG_4775

ひとつひとつの情報に、興味深い事実が詰まっています。

あーそろそろ牛に会いに行きたくなってきました~!
というわけで、今週末から岩手に行ってきます。笑


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>