【入荷情報】中屋敷さんブラウンスイス36.5カ月齢♂~前編


IMG_7117

中屋敷さんちにいた唯一のブラウンスイス君が3歳を迎えて、
いよいよ出荷になり、芝浦にやってきました。

この子に関しては、なんだか【入荷情報】というのが
自分でも違和感、感じてしまいます。。

牛が大好きで、可愛くて仕方ないけど、
枝肉になった瞬間からは、もう最大限美味しくして、
一番この子のお肉を求めてくれる方々にお届けしてあげたい、と、
すぐ気持ちを切り替えて、向き合わせてもらうのがいつもの自分ですが、
この子だけはなんだか感情が入ってしまいます。笑

でも、それは中屋敷さんちで面倒みていた人たちも一緒で、
今まで、何頭も肉牛を出荷してきている中、
「このブラウンだけは可愛すぎて、食べられない!!」
っていう言葉を何度も聞きました。

見た目もそうなんですが、なにせ性格が良い子なんです。
牛って、向こうからは興味持つけど、
こちらから手を出すと、けっこう首を引っ込めちゃうのに、
この子は「撫でて~♡」ってむしろグイグイ甘えてきて、
人の心をキュンってさせてしまう愛らしさを持ち合わせてました。
同い年の子たちの中でも、人一倍身体が大きくて、
なんだか鷹揚としてて。

あんまり素直なので、今回、芝浦に到着した時も
岩手から運んでくれたトラックの運転手さんに、
「可愛いなぁ。みんなこんな子だったらいいのにー!」
って言われてたり、繋留所でもいろんな人に撫で撫でされてました。

この子の愛らしさについて語りだしたら、
お肉にまで辿り着けなそうなので、この辺にしておきます。笑

この子は、西和賀の酪農家の藤田春恵さんちからやってきました。
ホルスタインに加えて、ブラウンスイスも飼われているとのことで、
3年前の夏に中屋敷さんたちと牧場訪問させてもらいました。

IMG_4050

IMG_4058

IMG_4055

訪問してから1週間後くらいに、
なんとブラウンの男の子が生まれた、とのことで春恵さんからご連絡頂き、
このタイミングも何かのご縁だねってことで、
それまでは三谷牧場さんのジャージーのみだった中、
初のブラウンスイスにも向き合わせて頂くことになりました。
ちなみに、この子は8月29日、焼肉の日生まれです。笑

そして、やってきた時の姿がこちら。
2015.9
IMG_4455
可愛い( *´艸`)

その後の成長を岩手に行くたびに見てきました。

2015.10
IMG_4915

2016.2
IMG_7345

IMG_7347

IMG_7349

2016.3
IMG_7964

IMG_8020

2016.4
IMG_8356

2017.1
IMG_1493

2017.4
IMG_2657

2017.7
IMG_4286

2018.1
IMG_1592

IMG_1621

2018.4
IMG_3833

IMG_3835

2018.8
IMG_7110

IMG_7076

IMG_7117

この子が最初やってきた時から、中屋敷さんと、
「3歳くらいまで飼って、その時のブラウンがどんな味わいになるか、
 ブラウンスイスのお肉の美味しさの可能性にチャレンジしてみたい」
って話していました。

だから、いつもの宝山の発酵飼料で、
ゆっくりゆっくり時間をかけて育ててくれました。
そのためなのか、体型も丸々という感じではなく、
アスリート体型のような格好良さです。

私は、そのお肉が美味しくなって、みんなからモテモテになることが
最終的にはその牛たちの幸せに繋がると思ってます。
だって、そうじゃないと飼い続けることができないから。

だから、表面上の謳い文句とか、聞き心地のいい言葉ではなくて、
本当に美味しいものを育ててもらって、届けることを目指して
生産者さんと一緒にやっていきたいです。

今回、芝浦に着いてから、この子に何度も会いに行ってるときに
頭に浮かんでくる言葉がありました。

「可愛いは、美味しい。」

『SUKIYAKI』という本のキャッチコピーです。
(以前、チラッとブログに書いていました。SUKIYAKI

まさに、この子のことだな、と。笑

あんまり画像が可愛くて、ニヤニヤ選んでたら、
結局、お肉まで辿り着きませんでした。

ごめんなさい、
また枝肉のことは次に続きます。。。