【入荷情報】井さんジャージー未経産メス44.9カ月齢


井さんの初のジャージー未経産メス44.9カ月齢、
先週、枝肉となって、やってきました。

40カ月齢くらいまで酪農家さんで飼われてて、
井さんのところにやって来てから、約5カ月間の再肥育期間です。
枝重で281㎏と、井さんのいつもの去勢より、100㎏くらい小さいです。

ロース芯
IMG_0330

バラ
IMG_0328

モモ
IMG_0336

IMG_033401

IMG_034001

メスなので、個体が小さいのもありますが、
もしかしたら、もう少し井さんのところでの
再肥育期間を伸ばした方が良いのかもしれなくて、
今回はあくまで、まず第一弾という形で、
今後、井さんがどのくらいの月齢で導入したり、
どのくらいの期間再肥育するのがベストなのか、
これから探っていきたいと、井さん、お話されています。
だから、今回、皆さんから戻った評価もぜひ聞かせてください、と。
(どこまでもチャレンジャーです(^_^;))

枝肉内容は、酪農家さんで繁殖牛として育てられていた期間が長いこともあり、
実際に産んではいないらしいのですが、
今まで向き合わせてもらったジャージーの中では、
経産の再肥育に近い内容でした。
バラの厚み、ロース芯の小ささなど。
なので、今回は、バラと肩は先に今週早々に骨抜きして、
モモとロースだけで、もう一週間ほど吊るして置く予定です。

そして、今回の初チャレンジ、気になるのはその味です。
先に内臓が届いて、1頭まるっとお届けしていたので、
内臓に会いに行きつつ、枝肉から取ってもらった肩ロースの断面も持ち込んで( ̄▽ ̄)
食べに行ってきました。

小腸
IMG_0394

レバー
IMG_0395

タン
IMG_040101

ハラミ
IMG_0396

サガリ
IMG_0399

肩ロース
IMG_0404

いやいや、美味いじゃないですか。
胃袋系は草の香りがして、食べたときに「阿蘇の山が見えた」っていうくらいなので、笑
好みが分かれる個性が主張してたかもしれないですが、
この時いただいた「牛コース」(←オーダー伝票にそう書かれてましたw)たちからは
その感じはまったくなく、かといって、物足りないわけではなく、
味わいもしっかりあって、美味しかったです。

とはいえ、私はもうだいぶ気持ちが入っているので、笑
ご案内・お届けした後、それぞれのお客様たちから戻ってくる声を
しっかり井さんにお返ししたいと思います。