【入荷情報】中屋敷さんジャージー未経産メス34.1カ月齢


ついに、です。

ついに、3年前から、中屋敷さんと一緒にスタートした、
ジャージー肥育の1頭目の子が今週、岩手でと畜されて、
昨日芝浦にやってきました。
みらいちゃん。

IMG_1614

この子が雫石にやって来た頃は、
三谷さんから「生まれましたー!」っていう連絡が入ると、
中屋敷さんと一緒にトラックに乗って
私も奥中山まで引取りにくっついて行ったりしていました。

IMG_253101

IMG_2492

今も写真選んでて、ニヤけてきちゃってしょうがないのですが、
可愛くて、たまらなかったなぁ、ほんと。

そして、それまでのように仕上がったものを仕入れるのではなく、
初めて自分の意志で、同じ気持ちを持ってくれた中屋敷さんに
肥育してもらうことをお願いして。
『3年後に自分が販売するから』っていう約束は、
絶対に面白いお肉になる、って思って始めたものの、
背筋がピンっと緊張することでした。

井さんもいつも話されるけど、『ジャージー』っていう品種を
肥育しようと思うのは、そんな簡単なことじゃないです。
大きくならない、という特徴がまず第一にその理由だけど、
周りからの「なにやってるんだ」感もすごい。
こんな黒毛が高いときに、こんなにあか牛が高いときに、って。

でも、「だからこそ、皆がやれないから面白い」っていう話も
國分さんとの間でも良く出るのですが、
時々、そういった声が耳に入ってきてしまうと
悔しい思いと同時に、なんとしてでもこの価値をあげてみせる!っていう
思いがフツフツと沸いてくるわけです。

そして、この子は1歳になった夏は雫石の放牧地に山上げしました。

IMG_8670

IMG_8671

IMG_8672

気持ち良さそうだったなぁ。

そして、その放牧地では初めてのジャージーだったみたいで、
放牧地の管理人さんが、ずっとくっついて回るジャージーたちを
最初、「俺の秘書だー!」って可愛くて仕方なかったのに、
数日で、すぐにそのしつこさにウザくなったっていう話も
ジャージーらしさが良く出てて、ウケました。笑

そして、その後は宝山の餌で仕上げてもらって、34カ月齢まで。
重量はそんなに取れないけど、まず形の良いこの子から出荷してみようか、と
今年の年明けに話をして。
1月に会いにいったときの姿が最初の画像です。

14日にいわちくでと畜してもらって、
280㎏という重量だけ先に連絡が入っていたので、
どんな枝肉になっているか、本当ドキドキしながら、
昨日、芝浦に会いに行ってきました。

いやぁ、思わず嬉しくなって、その場で
中屋敷さんに連絡しちゃったくらい、良い枝肉でした!

ロース芯
IMG_2947

バラ
IMG_2964

切断面
IMG_2977

IMG_2978

脂質
IMG_2968

モモ
IMG_2955

なに、この美味しそうな肉色と脂質。
そして、重量からは想像できない立派な肉周り。
ロース芯もキレイなコザシで真ん丸で。

嬉しくて、セリが始まるまで、この子から離れられず、
撫でたり、一人で話したり、写真撮ってみたり、
ずっと30分くらい、この子の周りをウロチョロしてました。笑

重量つけていくことはこれからの課題だけど、
まずは良い子に育ってくれて、本当に良かった。
ありがとうございました。

ここからは私がしっかりと、お届けさせて頂きます。
来週からご案内して、4月頭頃のお届けになるかと思います。