【入荷情報】国分牧場ジャージー♂32.4カ月齢(群馬県産)


東京オリンピックが始まったタイミングで、
続いてやってきたのは、国分牧場ジャージーです。

IMG-0045

今回の子は東京宝山で扱わせて頂くのは初めての、
群馬・下仁田の神津牧場から、埼玉・東松山の国分牧場にやってきた子です。

神津牧場といえば、日本を代表するジャージー牧場です。

6年前に岩手・雫石の中屋敷さんとジャージーの肥育を始めた頃に
色々と国内のジャージー牛の流通状況について調べていると、
まずは群馬の神津牧場と、岡山の蒜山(ひるぜん)という、
2つの代表的な牧場がでてきます。
あとは、ジャージー牛の肥育専門だと、北海道の関谷牧場さん。

というわけで、なんでも知りたがりの私はその頃から
神津牧場は「一度行ってみたい!」と憧れの牧場の一つでした。

そして、その少し後くらいに、北海道・十勝で開催された、
短角牛の勉強会に参加していたところ、
私がジャージーに興味を持ち始めたのを知っている農家さんが
「あの方が神津牧場の場長だよ」
って教えてくれました。
「あれ、なんで、ジャージー牧場の場長さんが短角牛の勉強会に参加されているの?」
って理解できなかったものの、
「えー!ぜひ紹介してください!」
とお願いしてお話させてもらいました。

話を聞けば、その場長は元々、岩手の東北農研で短角牛の研究をされていて、
特に、2シーズン放牧肥育などに取り組んでいたそう。
数年前、神津牧場に異動になられたとのことでした。

私自身、短角牛のお肉に触れたことから、
興味が繋がったジャージーのお肉だったので、
やっぱり国産の赤身肉の世界はまだ限られていて、
興味を持って動けば、あちこち繋がってくるんだなぁと、
嬉しくも感じた一件でした。

そんな神津牧場さんですが、3年前、いつもお世話になっている
八王子の磯沼牧場さんが預託牛を迎えにいくときに
ご一緒させて頂く機会に恵まれました。

IMG-7807

その時に、場長の須山さんとも再会でき、
また、牧場を開拓した“神津邦太郎”さんは福沢諭吉先生のもと、
慶応義塾大学で学んでいて、弱冠22歳で日本で初めての西洋式の牧場を
作ったことを知りました。
『バターはカウヅにかぎる』という福沢諭吉先生のキャッチコピーも残っているそう。
まさか大学の大先輩が開いた牧場だったとは!と、なんだかまた嬉しくなり。

神津牧場「はじめて物語」

その後、国分牧場さんと神津牧場さんの繋がりもできたようで、
ジャージー男子の引取りがはじまったそうです。
なにせ、この業界は狭いのだ、ということをあちこちで実感します。。

そうして、つい先日、国分さんが次の子たちを引取りに行かれる時に
声をかけて頂いて、神津牧場へ2回目の訪問をさせて頂きました。

この時は少し時間がゆっくり取れたので、放牧地も案内してもらったり、
名物になっている、搾乳に向かう母さんジャージーたちの「牛の行列」も
見学できたり、育ちのいろんな背景や今までの経緯を知ることができました。

IMG-7884

IMG-7828

IMG-7834

IMG-0068

IMG-7878

IMG-7933

IMG-7934

IMG-7895

実際に今回の子たちがやって来たばかりの頃にも
国分牧場さんにお邪魔していていたのですが、
月齢に対しての小ぶりさが印象的でした。
育ちの環境に加えて、この土地に合った系統など、
ジャージーの中での血統もあるかもしれません。

なので、今回の子が17カ月齢でやってきてから、
15カ月間かけて、生体重686㎏という仕上がりに関しては、
さすが国分牧場さん、立派に仕上げてくれたなぁという感覚です。
枝重量は363㎏でした。

IMG-0044

国分さんと話していて、ジャージー男子に関して、
今までの経験から、肥育期間はさておき、
枝重350㎏に満たない仕上がりの時に
繊維がちょっと頑固になってくる傾向がある気がするので、
それをクリアしてくれたことで、まずお互いにホッと。

実際に枝肉にご対面したら、なおさらその仕上がりの良さに
ビックリしました。

ロース芯。
IMG-0004

バラ。
IMG-0031

モモ。
IMG-0035

脂質。
IMG-0012

切断面。
IMG-0009

IMG-0040

ロース芯は形も真ん丸で、その大きさも
ジャージーにしては、しっかりしています。
そして、コザシが万遍なく、きれいに入っていて。
モモも赤身の中に程よくサシが入っていそうです。
筋間脂肪も皮下脂肪も無駄がなく。
脂質自体もしっとり良さそう。
小ぶりですが、全体的に良くまとまっている枝肉です。

素直に育ちが良い子だなって感じます。
それがこの個体なのか、神津牧場さんの育成の環境や血統なのか、
もっと頭数を重ねていかないと、国分さんもきっと評価できないでしょうけど。

少なくとも今回の子は背景、月齢、重量、実際の仕上り、
様々な面から、安心してご案内できる内容です。

こちらの子はと畜から20日間ほど枝で枯らして、
8月一週目の半ばあたりの加工予定で、
今回の子はまた久しぶりに一般販売も考えています。

いろんなご縁が巡り繋がって、出会わせてもらった
初めての群馬県産ジャージー、どうぞよろしくお願いします。