【入荷情報】国分牧場ジャージー♂28.2カ月齢


続いてやってきたのは、国分牧場のジャージー男子です。

IMG-0314

28.2カ月齢のイケメン『キャロル』くん。
東京・八王子の磯沼牧場&埼玉・東松山の国分牧場という、
安定のタッグです。

そうして、いつものひっかけ問題。笑

キャロル君は東京・磯沼牧場で生まれて15カ月暮らした後に
埼玉・国分牧場に引っ越して13カ月を過ごして、このたび出荷になりました。
さて、この子の産地はどこになるでしょうか?

この場合、最終肥育地の『埼玉』ではなく、生きている間に一番長い時間過ごした、
『東京』が産地になります。

一般的な黒毛和牛だと、繁殖農家さんの元で生まれてから
8-10カ月齢くらいで仔牛市場に出されて、肥育農家さんのところにいき、
そこで約20カ月齢前後、肥育されるので、最終肥育地が産地になるのが通常です。

が、希少な牛種たちが集まってくる国分牧場では
ちょくちょくあるパターンなので、枝肉のデータ登録をしてくれる方に
何度もしつこく言う必要があります。笑
正肉に加工して全部ラベル貼った後に気づいたら、そりゃぁ大変なことに。
(何度かありました。。。)

そして、たまたま、今年の4月、
飲食店さんたちと一緒に、国分牧場さんにお邪魔したので、
出荷前のキャロルくんに会うことができました。

IMG-8588
凛々しい( *´艸`)

IMG-8587

IMG-8572
お隣の部屋のジャージーくんと鏡のよう。

IMG-8584

この時、なんかお尻がかゆかったらしく、私たちの前で
お尻フリフリダンスで歓迎(?)してくれていたことが印象的です。

そして、ずっと一緒に過ごしていたジャージーが
数日前に先に出荷されて、1頭になって淋しそうで、
(群れの動物なので、1頭だと淋しがってゴハンも食べなくなるそう。)
同じくらいの大きさのホルスたちと一緒の部屋に入れたら
最初だけ食い負けたけど、さすが気の強いジャージーらしく、
すぐガンガン前に行きはじめた、という話も聞きました。
いろんな「らしさ」が出てて、やっぱりこういう背景とともに
お肉を届けていきたいなーと思うのでした。

ちなみに、育成期の磯沼牧場さんの環境の良さのおかげもあり、
いつもこのタッグの時は重量も肉周りも良いことが多いです。
粉ミルクではなく、全乳(お母さん牛たちのミルク)で育ち、
住宅地が近い環境から、お腹を減らして鳴かないように
粗飼料はたっぷりあげていて。
町を見下ろすような運動場まであって優雅な暮らしです。

IMG-124212

そうして、その後は国分さんのところで、
モネンシン(抗生物質)フリーの餌と、コエドビールのビール粕、
地元の稲わらなどで、育て上げてもらうことで
みんなから「あ、国分さんの味だね」って言ってもらえる、
脂質も軽やかな、安定した味わいに仕上げてくれています。

今回のキャロル君もその通りの仕上がりで、
生体778㎏、枝重量430.5㎏と(歩留り55.3%)
ジャージー男子にしてはずいぶん立派な仕上がりになりました。

実際の内容はこちらです。

ロース芯。
IMG-0301

バラ。
IMG-0282

モモ。
IMG-0292

脂質。
IMG-0275

切断面。
IMG-0279

IMG-0284

良いですね~。
立派です、キャロルくん。
ロース芯の大きさもジャージの割にはしっかりしているし、
モモも程よいバランスでサシが入っていそうな雰囲気です。
ジャージーらしく、厚すぎない皮下脂肪もしっとりで。

こちらはこれからご案内して、6月中旬くらいの加工予定です。

また、井さんに続き、国分牧場さんのPR動画もつくりました。
それぞれの牛肉の味わいには、生産者さんたちのお人柄が
良く表れているといつも感じます。
この動画を見てもらったら、国分牛の味わいの背景にあるものが
きっと理解して頂けるかな、と思います。

国分牧場 PR movie
『地元・埼玉県産の地域資源を活かして希少な乳用種を育てる国分牧場』

絶対見てね~!!笑